事故車を高く売ることは出来るのか?

はい、事故車を高く売ることが出来るのです!

事故車というと利用価値もないし廃車にしてスクラップにするしかないのだろう…と思われがちですが、 事故車に価値を見出して、事故車を欲しがっている人たちがいるということを知るとどうですか?

・諦めて廃車処分をしてはいけません!
・事故車にも価値があることを知りましょう!
・車両保険に未加入の方はもちろん!
・事故車を処分するのに費用を出したくない方!
・普通の車買取業者に売ってはいけません!
・間違っても下取りに出してははいけません!

では、事故車をどのように処分するのがいいのでしょうか?このサイトでは、事故車専門の買取業者に売ることをお薦めしています。思わぬ値段がつく場合もあります。


ただ単に事故車専門買取店に車を売るのではなく、複数の買取店に買取査定を依頼して一番高い買取額を提示した買取店に売ることをお薦めします。一度の申込みで複数の事故車専門買取業者に査定依頼が出来る一括査定サービスの利用が便利です。

複数の事故車専門買取店に一括で査定依頼!  事故車専門の一括査定サービス

事故車の定義って?

事故車とは実際にどういった車のことを言うのでしょうか?

実は事故車の定義というものはないということです。私たちが通常「事故車」と呼ぶものは自動車業界では「修復歴車」と言うそうです。このサイトでは、分かり易くするため以降も「事故車」と呼びます。

事故車とは、事故によって車の基本骨格部位(フレーム)を交換、または修復した車を指します。骨格部位とは、フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポートを指します。分かり難いのでこちらを参考に ⇒ 修復歴車の定義

以上から、以下のようなものは事故車ではないということになります。
・フロントバンパーやリアバンパーをぶつけて交換した車
・ボンネットを交換した車
・ドアをへこませたので修理をした車

【重要事項】
事故車買取一括査定サービスの「カービュー」では、
「キズやへこみなどの損傷で、軽度の修理により自走可能な車両は事故車には該当しません。」としています。

事故車を高く売ることが出来る理由

日本車は世界で大人気!

例えば、東南アジアや中南米、中東などのニュースなどで年式の古い日本車が走っているテレビの映像などを見たことがあると思います。

日本では敬遠される10万km以上走行した車や、事故車、故障車、水没車などを以上の国々では修理して乗っているのです。



事故車のこんな売り方はダメッ!

損傷が軽い車を事故車として売る

事故車にも損傷が軽いものから重いものまであります。カービューでは、軽い損傷で軽度の修理によって自走可能になる車両は事故車に該当しないとしていますので、損傷が軽度の車を事故をしたから事故車だとして事故車査定に出すのはやめましょう。その場合はカービューの「愛車無料査定」に申込みましょう。

ディーラーなどへ下取りに出す

事故車をディーラーなどに下取りに出すと、絶対と言っていいほど正当な評価はしてくれません。ほぼ、査定0円になるのがオチでしょう。やはり、事故車専門の買取りをしてくれるカービューに任せるのがベターだと思います。まずは、無料の「カービューの事故車買取り査定」に申込んで大よその見積もりを取ると目安が付くと思います。

中古車買取店に売る

中古車買取店に事故車の買取り依頼をすると他の店と比較するのに気後れしがちになります。もしかしたら、あなたの事故車をもっと高く買取ってくれる店が他にあるかもしれません。その点、「カービューの事故車買取り査定」でしたら無料で複数の店から査定額が提示されるので、一番高く買い取ってくれる店をあなたが選ぶことが出来ます。

事故車といっても程度があります。車庫に入れようとしてコツンと当ててしまったものを事故車とすることはないと思います。基本的に、事故車という定義の捉え方が違うと車の買取り価格もかなり違ってきますから気をつけたいところです。

カービューでは、「キズやへこみなどの損傷で、軽度の修理によって自走可能となる車両の場合は、事故車に該当しません。」としていますので、ボディより内側にまで影響するような損傷を負った車を事故車としているようです。

コチラを参考にするといいでしょう。⇒ 自動車公正取引協議会

Copyright © 事故車を高く売る!車買取り査定! All rights reserved